新しいサイトはこちらです。
http://www.enmono.jp/

経営理念

 株式会社enmonoは、「人のご縁でモノづくりをする」という社名の由来で、富士通出身の三木と、スズキ出身の宇都宮で20091111日東京新橋に創業。

 

 経営理念は、「ワクワクモノづくりで世界を元気にする」。大量生産、大量消費に対して、ソーシャルネットワーク、クラウドファンディングを用いて、町工場自らメーカーになる「マイクロモノづくり」を提唱し、次世代経営者育成事業・自社製品開発コンサルティング・クラウドファンディング運事業を主要事業としています。

社名

株式会社enmono(エンモノ)

enmonoCo.Ltd.(英文表記)

本社所在地

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3-5-16

渋谷3丁目スクエアビル2F

TEL 03-4590-0901
FAX 03-6893-0133
事業内容

・自社製品開発支援(マイクロモノづくり支援)

・マイクロモノづくり研修サービスの提供

・工業製品の設計・開発・製造・販売業務

・経営コンサルティング業務

・インターネットを活用した情報の提供および企画・運営・販売業務

・コンピュータ・システム開発並びに運用請負

・これらに付帯する一切の事業

設立
平成21(2009)年11月11日
資本金
12,920,000円
発行済株式数
764株
決算期
5月
従業員数
2名
役員構成
代表取締役: 三木康司

1968.5.28生まれ

 明治学院大学卒業後、富士通株式会社に入社、海外営業部に配属される。その後、慶應義塾大学大学、藤沢キャンパス(SFC)にてインターネットを活用した経営戦略を研究するため、自費留学。同校にて政策・メディア修士号を取得後、博士課程へ進学、リサーチを兼ねて中小製造業支援ベンチャー、NCネットワークに入社するが、業務多忙のため博士課程は学位を取得せず単位取得後退学。同社は国内最大規模の製造業ポータルサイトに成長、IT担当役員を務めた後、2009年、だれもがメーカーになれる、「マイクロモノづくり」の概念を普及するために、株式会社enmonoを独立、起業。
これまでの当社活動についての、マスメディアの報道実績を見る。
技術担当取締役: 宇都宮茂

1964.12.25生まれ

 同志社大卒業後、スズキ株式会社に18年間勤務。自動車メーカーにて生産技術職を経験。その後、大企業を辞めて中小町工場に転職し、中小企業での生産技術も経験。そして、中小製造業17,000社の会社情報データベースを持つ、企業ポータルサイトを運営し、中小製造業を支援している、株式会社エヌシーネットワークに転職後、2009年に、マイクロモノづくりを普及するために、株式会社enmonoを起業。

顧問

経営、技術
 細川敏宏(e-金型研究所)
特許、内部監査、品質保証、技術
 藤田雅己(元コニカミノルタ)
弁護士
 水野祐
税理士
 山内真理

 

お知らせ

enmono
zenmono
次世代製造業潮流『マイクロモノづくりストリーミング(MMS)』